陰部のにおいの原因

陰部や膣内のにおいは女性の多くが気になっている悩みです。あなたもそんな悩みを持っていませんか?

 

 

陰部が臭くなる原因は、にんにくなどの強い臭いのある食べ物を食べたときや汗、生理中、体調が悪いときになどに強くなってしまいます。

 

これは、皮脂腺と汗腺から分泌される皮脂と汗によるものです。

 

 

皮脂には肌を保護する役割、汗には身体の熱を調節する役割がありますが、皮膚にはさまざまな常在菌が付着しています。

 

皮脂と汗に含まれるタンパク質が酸化したり、常在菌が分解することによって臭いを発生させてしまいます。

 

 

デリケートゾーンはとくに高温多湿になりやすい場所のため、常在菌が繁殖しやすくよりにおいを強く発してしまうようになります。

 

これは、生理中の経血や経血に含まれるタンパク質、恥垢と呼ばれる垢が溜まることによっても増殖してしてしまいます。

 

 

その他の原因としては、おりものの量が多くなる、黄色や褐色がかった色になっていたり、カッテージチーズのようなぽろぽろとした状態になって臭いがきつくなっているという場合には、性感染症や細菌による炎症などが考えられます。

 

 

このような状態のときには痛みが無いから、などと考えずに病院に行くことをおすすめします。

陰部のにおいを軽減させるための洗い方

このデリケートゾーンの悪臭は洗い方によって軽減させていくことができます。

 

洗い方としては、角質層が薄く刺激にも敏感に反応しやすいため、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことがおすすめです。

 

 

市販のボディソープなどは、洗浄力が高すぎるため刺激が強過ぎます。専用の石鹸を手や泡立てネットなどでたっぷりと泡を作ったら、陰核、大陰唇、小陰唇は粘膜でもあるため指の腹で優しく洗っていきます。

 

 

構造が複雑で恥垢が溜まっていることもあるため、しっかり洗っていきます。

 

最後に肛門付近もしっかり洗いシャワーですすいで、恥垢や泡などを洗い流していきます。

 

 

においを気にするあまり、洗浄力が強い石鹸を使ったり強く擦ってしまう洗い過ぎは逆効果で、陰部のトラブルに繋がってしまい雑菌の繁殖もしやすい環境になってしまうものです。

 

 

また、膣内にも環境を健康に保つための善玉菌が存在してしまうため、膣内まで洗い流してしまうとそれもトラブルの原因となってしまうため注意が必要です。

 

臭いを防ぐためには、毎日清潔にしておく、トイレに行ったらウォシュレットで綺麗にしてから拭くなどが基本となります。

 

 

また、悪臭を防ぐためには通気性を良くすることも大切なため、アンダーヘアを処理をしておく、通気性の良い綿などの素材の下着を身に着けるなども有効です。