陰部のニキビ

デリケートゾーンは何かとトラブルが起きやすい部分ですが、時にはニキビのような症状が出てしまうこともあります。

 

そして他の部位の場合はすぐに皮膚科で対応してもらうこともできますが、陰部のようなところは人に見られるのにも抵抗がある部分ですので、ひとりで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

 

陰部にできるニキビ、ブツブツとしたできものは実は毛嚢炎である可能性もあります。

 

これは毛嚢といわれる部分に最近が繁殖することでできる、できものですが、気になるからといって勝手な判断でつぶしたりすることは、さらに症状を悪化させてしまうこともありますので避けましょう。

 

 

デリケートゾーンは下着や生理用品などの刺激やムレでかゆいということも多いですが、陰部を不潔にしておくこともブツブツができたり、毛嚢炎の症状が出やすくなる原因となりますので、清潔を心がけることも大切です。

 

 

顔や体のほかの部位も、余計な皮脂や汚れなどが原因でトラブルが起きることが多いので、予防のためにも清潔を保つよう心がましょう。

 

デリケートゾーンはムダ毛も多いところですので、丁寧に洗うようにし、下着を通気性の良いものに変えることでもかゆいなどの症状を抑えることができますし、できものもできにくくなります。

 

 

女性の場合はショーツなどの下着のほかに、ガードル、ストッキング、タイツなども着用することが多く、さらにファッションもスリムジーンズなどを選ぶなどで、何かとデリケートゾーンはムレやすい環境にあります。

 

 

改善のためには締め付けやムレを防げるよう、ファッションについても気を配りたいところです。

 

また、お風呂での膣の洗い方にも気を配る必要があります。

 

通常のボディソープでは刺激が強すぎる場合もありますので、できれば専用のデリケートゾーン対応の洗浄剤を選んでおくことがおすすめです。

 

 

そしてこのときもゴシゴシこすったりすることは刺激となりますので、優しく丁寧に汚れを落としていくよう心がけましょう。

 

強く洗い過ぎることにより、皮膚が乾燥して肌荒れや黒ずみとなります。

 

 

さらに免疫力の低下も肌の状態を悪くする原因のひとつとなっていますので、疲れをためない、休息をしっかり取るなど体調を整えることも考えていきましょう。

 

ナプキンやおりものシートも長時間つけっぱなしにすることも良くありませんので、こまめに交換することもおすすめです。

 

 

清潔を保ち、通気性を良くすることで自然治癒することも多いですが、改善が難しい場合は婦人科などで診察を受けることもおすすめです。

 

治療方法としては塗り薬や内服薬が選ばれることが多くなっています。