陰部の黒ずみの原因

陰部が黒くなる原因は主に2つあります。

 

1つ目はメラニンによるものです。メラニンはシミのもとと認識しがちですが、じつは黒ずみの原因ともなっています。

 

 

どうしてメラニンが発生するかというと、皮膚が化学繊維の入ったパンツで陰部に摩擦を起こしたり、ナプキンでかぶれたりなどなんらかの原因によって皮膚が刺激されます。

 

また陰部を化学繊維のボディブラシで洗うこともいけません。毎日洗う場所なので毎日少しずつ刺激を与えることになります。そうすると、皮膚を保護しようとする働きが起こり、メラニンが発生する仕組みとなっています。

 

 

なので日々の生活でデリケートゾーンに刺激を与えないようにすることが大切です。

 

具体策とすれば下着のサイズや形、素材を検討することです。

 

 

刺激がメラニンを発生させる原因となりますので、サイズがあまりキツいものだと、強く当たる部分が刺激となりメラニンを発生させるのでサイズのあったものを履くことが良いです。また形はビキニラインの黒ずみを防ぐためボクサーパンツがおすすめです。

 

素材は綿やシルクなどが通気性が良くデリケートゾーンにも刺激を与えないものを選ぶようにしましょう。

 

 

2つ目の原因は新陳代謝の乱れによるものです。普通は28日周期で外部刺激を受けた肌を元戻そうとする働きがあります。

 

しかし生活習慣が乱れていたり、タバコやアルコールの摂取をして新陳代謝を乱してしまうと、古い角質が取れなくなったり、メラニンが付着したままになったりして黒ずみの原因となるのです。

 

ですから、生活習慣を改善し規則正しい生活を心がけることが大切です。また、新陳代謝の乱れを改善するクリームもあります。顔と違って効果がでにくいので根気強く続けると良いでしょう。

 

 

確認な効果を出すために美容皮膚科に行くのもオススメです。メラニンの合成を強力にブロックするハイドロキノンクリームや、レチノイン酸クリームを処方してもらえます。

 

陰部周りのレーザー脱毛は気になる黒ずみも解消できるので良いです。

 

 

そして、膣の黒ずみには洗浄液を使って洗うと良いです。膣の臭いの改善やおりものの悩みにも効くでしょう。陰部の美白には根気が必要です。

 

デリケートゾーンはほとんど見られる機会が無いので、顔と違って何もしない方が多い傾向にあります。

 

 

しかし、そういったところも黒くなってからでは改善するのがより時間が必要となるため、日々気をつけて刺激を与えないようにしたり、クリームを塗ったり洗浄したりすることが大切でしょう。